SDA王滝。

Dsc_0283 今年も参加っす。

秋だけだけど。

絶望的な渋滞を抜け、6時間かかってグランド到着。

今年は参加者の車多いなー。

って、思っていたら、お隣が偶然にも『dai』ちゃんと、そのお友達でした。

しばらくしてから、八千代の自転車屋さんと『じて吉』の店長と、そのお連れのアドレナリンさんが到着。

今夜の夕食は楽しくなりそうだ。

Dsc_0278 そうそう。

ゼッケンを受け取りプラプラしていたら、茨城のトレイルで一緒に走った方とバッタリ。

いやー、驚いた!。

・・・・・

Dsc_0280 王滝の酒屋でビールを買い込んで。

アドレナリンさんが作ってくれたパスタを頂いて。

いい感じで酔っ払ってオヤスミしたとさ。

・・・・・

さて。

スタートの朝。

mixiでのお知り合いに会うことができました!。

いいね!。

どんどんお知り合いが増えていく♪。

ふふふ。

こんなに大勢の参加者は初めてです。

1021人の申し込み。

自分がスタートに並んだ位置はサッカーゴールのさらに後のほう。

さて、午前6時。

スタートっす。

今年は無音(笑)。

ま、いっか。

スタートラインを通過したときは、6時3分台でしょうか?。

その直後、トイレに直行。

プリッと用を足して、出発したのが手元の時計で6時9分。

さーて、逝きますよー。

と、意気込んでいたのだが。

最初の舗装の登りで、脚が攣りました(笑)。

自分でも信じられなかった。

もう、そのときから気持ちに余裕が無くなったんだね。

舗装区間では、集団に追いつくことができなかった。

よく憶えてないな。

どういう感じで走ったのか。

CP1。

給水の列が出来てた。

そこは、スルー。

しっかし、暑いな。

天然エイドが少なく感じる。

水不足なのか?。

途中、daiちゃんのお連れさんと押し歩いたりしながら。

今回、下りは楽しめたね。

ブレーキが良かった。

タイヤも良かった。

いい感じで下れたよ。

でもね。

登りで抜かれたよ。

だめねぇ。

そして、50k。

そこで、29erに乗った可愛らしいオネーチャンと写真の撮りっこしましたよー。

このときが一番楽しかった(笑)。

時計を見ながら、そろそろヤバイかな?。

脚きり。

と、思ってたら、やっとCP2到着。

周りの雰囲気が

『完走、ヤバイんじゃね?。』

って。

CP2をスタートしたのが、12時30分。

あと、1時間30分か。

間に合うか?。

ハイドレーションにトップテンを混ぜて。

一番がんばったのが、CP2~CP3だったな。

CP3が見えてきたときは、うれしかったなー。

もう、ゴールした気分だったよ。

涙目さ。

そこで、感無量で休憩。

そのときに、daiちゃんのお連れさんに抜かれたみたい。

ま、あとはゴールできるでしょ。

下りはサイコー。

登りはダメねー。

で、最後の下り。

後から、なかなかのペースで下ってくるひとが。

こっちもペースアップ。

周りの参加者をバンバン抜きます。

どうだ?。

ついてこれまい。

ってか、同じペースで走ってるし。

ブレーキ音が聞こえるよ。

最後の舗装路に出たときに、抜かれました。

『はえーな!。』

って言ったら、笑ってた。

僕より若い方でしたね。

イケイケだ。

最後の舗装路でアウターに入れつつ。

脚も攣りかけつつ。

ゴールだ!。

うれしかったなー。

ほんと、今回はダメだと思ってたのに。

いやー、良かった。

・・・・・・

途中、怪我している方、多かったね。

消防のクルマもコース上に来てたし。

CP2で、ヒジ付近をザックリ切ってる方や、天然エイドで会った方もアッチコッチから血流してたし。

路面の状況が良かったから、スピードが出たのかな?。

・・・・・・

てんちょー 8時間切り。

アドレナリンさん 8時間台。

daiちゃんのお連れさん 8時間台。

daiちゃん まさかの脚きり。

ぽん様  マシントラブルにてリタイヤ。

僕ちゃん 初の9時間台。

皆さん、お疲れさまでした。

走りに余裕が無かったのと電池が無かったので、写真が無ぇー。

| | コメント (6)

王滝の記録。

Dscf2358 下記はすべて公園のスタートから公園の駐車場まで

走行距離 99.97キロ

走行時間 7時間43分56秒

平均速度 12.9キロ

最高速度 46.9キロ

・・・・・・・

う~ん。

リザルトと見比べると1時間近く休憩やら、撮影やらに使ってるってことですね。

| | コメント (0)

SDA王滝(CP2過ぎたところから)。

Dscf2356smile  うひょー。

ヤバくなーい?。

チョーきれいー。

って、言葉が出そうなぐらいだ。

下に降りたいな。

って、橋を渡るたびに、探したりしたけど手軽なルートがないね。

みんなが走ってるときに、この下で遊んでいたら有名人だね。

Dscf2357 前半は、景観がそれほどだったけど、後半になると気分も盛り上がるね。

やっぱ、眺めがよくないと、萎えるよ。

止まって撮影したり。

止まって眺めたり。

暑さでシンドイせいか、ストップ率が高くなったよ。

真水を入れてあるボトルで、水浴びしながら走るのさ。

登りでは、ダンシングをいれつつ、体をほぐしながら走るのさ。

Dscf2359 ここの風景を見るたびに、初のリタイヤを思い出すよ。

雨の2009年の5王だよ。

あのときのことを思うと、悔しくてね。

寒さに負けて、時間があったのにリタイヤさ。

さーて、行きますか!。

なんとかーく、コースも覚えているもんだ。

ここを登り切れば、長い下りだー。

って、感覚的にわかるもんだね。

Dscf2360 やっぱ、これね。

前の二人は仲好くならんでるけど、知り合いじゃないよ。

たぶん。

でもね。

王滝って、自然と会話ができるのよねー。

下りで、29erを追っかけながら気がついたことがあるんだ。

29erは、スピードの乗りがいいね。

僕のは26インチ。

下りでコギを入れないと、離れていくのよ。

これには、目からウロコでした。

次は、29erフルサスだね。

Dscf2362 途中、脚の両面がつりながらも、CP3に到着。

13時30分。

なんで、CP3はウルウルくるのだろう?。

ここで、ブレーキの引きしろの調整。

トップテンの摂取。

休憩。

で、最後の走りだ。

ガシガシ登って。

ガンガン下って。

手が痛い。

パンクするんじゃなの?。

って、ぐらいのガレ具合。

こえーよ。

最後は、アウターにいれて、ガリガリ行きましたよ。

大して、時間の短縮はできないけど。

ガッツリ心拍上がってきた。

見えた!。

ゴール!!。

ああ、ゼッケン取らないで。

と、心配したらセンサーだけ回収でした♪。

良かったぁ。

タイムは8時間40分ぐらい。

完走やばいかな?。

って、思っただけあって、うれしかったな。

ベストより30分ほど遅いけど。

マシンのトラブルも無く。

怪我も無く。

よく出来ました。

これで、5回参戦して完走3回だ。

自分の完走率 60パーセントだぜ。

ふふふふふsmile

Dscf2368

| | コメント (6)

SDA王滝(メガネ橋からCP2過ぎまで)。

Dscf2353 あちい。

おかしいぞ。

天然エイドは?。

止まって、ハイドレーションの残量をチェック。

止まって、チャック開けての作業がカッタリィ。

まだ、あるな。

吸い込みしにくくなったんで、空気をいれて。

どう走ったか覚えていないが、CP1はスルー。

感覚的に、遅いぞ。

気持ちが焦ってくる。

そして、腹は減ってくる。

よし!。

思い切って、飯にしよう。

サドルバックに入れたオニギリ。

2個 シーチキンと梅。

シーチキンは、この暑さでヤバそうだったから、保留。

Dscf2355 梅だけにしました。

ちょうど目の前にチョロチョロの湧水。

座り込んで、ランチっす。

道行くライダーを眺めながら。

座っていると、ほかのライダーも水が欲しかったようで、止まって補給してますね。

後からきた、ライダーとも会話。

彼は2度目の挑戦と言ってました。

アミノバイタルもらっちゃた♪。

ふーっ。

先は長いのう。

50kのポストを見つけたときにさ。

『よーし!。後は帰り道だ。リタイヤしても、同じ距離だろ?。

頑張るぞー!。』

って、小声で言ったもんね。

そして、そうこうしているうちにCP2通過。

ん?。

CP2通過してから、オニギリ食ったんだっけ?。

ま、いっか。

オニギリ注入 午前10時50分ごろ。

ってことは、CP2が4時間50分ぐらいだね。

 

| | コメント (2)

SDA王滝(スタートからメガネ橋まで)。

Dscf2347 さーて、はじまりました。

SDA王滝 秋の陣。

スタートゲートをくぐり、

『腹へったな。とりあえず食っとくか。』

と、パワーバーを早速むしゃむしゃ。

橋の手前で、

『右っすよね?。』

と、声をかけられました。

彼は、仲間をスタート地点で待ってたけど、はぐれたらしい。

正規のスタートより、5分弱の遅れで走りだした僕。

最初の舗装の登りで最後尾の集団に追いつくのよね。

食いながらでも。

Dscf2348ここは、逆回りのゴールだ。

あの時は、頑張ったなーと、思い出に浸りながら

林道に入り

登っていきます。

Dscf2351 木陰がありますね。

ゆうべの雨で、水たまりもありますね。

あ!。

やまゆき氏だ。

と、声を掛けさせてもらいました。

あ!。

Daiちゃんだ。

『久しぶり!。』

と、声をかけます。

Dscf2349 おお!。

メガネ橋?。

勝手に名前を付けました。

砂防ダムはコース変更で見れなかったけど。

前回の雨王でCP3で打ち止めで見れなかったから、ヨシとしよう。

僕はこの橋を押して渡りました。

Dscf2350 写真を撮りつつ、この川でゴーグルを洗っていたら、

先ほど、声をかけた仲間に抜かれちゃいました。

ま、追いつけるさ。

って、このころは余裕があったのねー。

さーて、まだまだ行きますよー。

午前7時53分ごろでした。

| | コメント (2)

SDA王滝(スタートまで)。

過去最高の前夜の飲酒量だ。

500のドライ2本。

500の氷結2本。

120のワイン2杯。

・・・・・・

4時に起床。

なんとなく準備して、5時にトイレに。

そこには、長蛇の列が。

結局、トイレに入れたのが5時30分。

やべぇ。

まだ、着替えてないよ。

グランドの奥に止めてある、クルマのところへダッシュ。

急いて、着替えて。

タープも背を低くして。

最後の点検をして。

スタート地点に。

ほぼ最後尾。

神主さんの話なんか、聞こえやしねぇ。

・・・午前6時。

スタートの合図がなった。

『また、トイレ行っとこう。』

で、今度はすんなり入れました。

すると、アナウンスで。

『100キロでスタートしてないひといませんかー?。』

え??。

やべぇ。

と、またまた急いて、スタートラインを通過ですよ。

次回からは、スタートラインを通過したあと、トイレに行った方が良さそうだね。

さーて、行きますよー。

| | コメント (0)

王滝 前日。

ハム筋肉の張り。

もう、アスリート気取りだ。

ふう。

自転車は車内に積まなきゃ。

道中、雨降ってそうだ。

あしたは、天気よく、気温も高めのようだ。

今回は、リアフェンダーも導入。

きっといい仕事するでしょう。

ふう。

酸素カプセルやっとけば良かったかな?。

ツムラの漢方薬は?。

出発前に買っとくか?。

さて、行こう。

| | コメント (0)

SDA王滝。

あら?。

中央道って、こんなにすいてたっけ?。

って、感じで、あっちゅー間に現地到着。

受付すませて、時間があったんで、ちょいと温泉に。

いい湯でしたよー。

ダートを四輪で、ガンガン走ってね。

・・・・・・

Dscf2174 さて、この写真。

奥のグランドです。

前日の夕方?。

いいえ。

当日の朝です。

参加者、少ないねー。

Dscf2177 こちらも、スタート10分ほど前。

やっぱ参加者少ないねー(笑)。

この写真は、八千代のじて吉の店長に撮ってもらいました。

じて吉店長も100キロ参加です。

でさ。

天候は雨だったのですよ。

カッパを着ての走行です。

僕のカッパは、ホームセンターに売ってるフツーの作業用のヤツ。

上だけ使用。

これで、全然問題なかったっす。

丈夫だし。

さあ、スタートの合図が鳴りました。

そのまま、僕はトイレに直行。

ここで、店長とお別れ(笑)。

んで、用を足して、遅れてスタートね。

これでも、ダートの上りで集団に追いつくんだよ。

あせらない、あせらない。。

ふと、心拍計を見ると170超え。

やばいなー、と思いつつ、上っていきます。

ザンザンと雨は降ります。

萎えるよ・・・。

CP1まだだっけ?。

と、思いながら。

今、何キロ走ってるんだっけ?。

このサイコン壊れてないか?。

って、疑ってみたり。

以前、リタイヤしたときの記憶がよみがえる。

あ!。

このプレハブもあったなぁ。

そういえば、ここでダメだったんだよな。

と、えっちらえっちら進んでいくと。

やっとCP1が見えてきた。

9時30分前後でしょうか?。

腹減ったから、ぐちゃぐちゃになったオニギリ食べます。

ジャリジャリします。

歯に砂が詰まります(笑)。

CP1は、分岐のちょっと手前でしたね。

さーて、CP2を目指します。

下りで29erの方を追っかけます。

スゲーいいペースで下ります。

バンバン抜きます。

以前、筑波トレイルで未経験のスピードで下った経験が活きてきます。

下り最高!。

さーて、上り。

ゆっくりゆっくり上ります。

休憩しながら。。

先ほど、抜いた方々に抜かれます。

この繰り返しでした。

そして、何度目かの上り。

右ひざに痛みが。

マジで辛い。

歩くのも、やっと。

泣きたくなるほどの痛みでした。

マジで。

もうダメだな。

CP2で脚切りだな。

Dscf2178 と、思いつつ、距離を稼ぎます。

やっと、50キロ。

まだ半分かぁ。

平地でも、水気を含んだ砂質のフラットダートが重い。

脚に来るなぁ。

時計を見ると、もうちょいで13時。

はぁー、ダメだなぁ。

もうすぐチェックポイントの看板発見!。

いやー、厳しいなぁ。

と、上りきってカーブの先にCP2。

うひゃー!。

間に合っちゃた!。

僕の後のひとは、アウトだったんじゃないかな?。

CP2にいた、萌え系の若いオネーちゃんにパワーバーをもらい。

元気のいい、オフィシャルから、

『川の増水で、コースが寸断され、CP3がゴールとなります。

あと12キロです。

頑張ってください!。』

と、言われちゃねぇ。

パワーバーを食べながら、タイムアップの方々がうらやましく思えた。

さーて、最後の走りだ。

痛い脚をかばいつつ。

この先のCP2~3は、すごかったよ。

コース幅全部が、川みたい(笑)。

下りも、路面が見えない状態。

泳いでるみたい。

で、3度ほど上り返して、舗装路に。

とりゃー!って、下っていったら、CP3のゴールでした。

初めての場所ですね。

そこで、手元の時計で8時間20分。

タイム・オーバー。

やっと終わった・・。

オフィシャルに、

『ありがとうございました。』

って、ちゃんと言って、駐車場へ。

すると、氷ケ瀬の道路につながっていたんですね。

あー、脚がいてえ。

そういや、左脚だけSPDはめて、右脚はペダルに乗っけてるだけでしたね。

で、駐車場についたら、85キロほどでした。

じて吉店長は、先に戻ってました。

転んだようで、脚が痛々しかったです。

いやー、疲れたよ。

楽しかったねー。

でもね。

こんな豪雨の中、走る連中って、頭おかしいんじゃなの?。

僕も含めてね(笑)。

おしまい。

皆さん、お疲れ様でした!。

Dscf2171 砂防ダムは、見れなかったよ。

| | コメント (12)

セルフディスカバリー アドベンチャー・イン・王滝 3の3。

Dscf1594 NTTの看板の見える手前。

最高標高あたり。

空が近い。

いやー、自然がイッパイだ。

Dscf1597 湧き水で、水補給。

何度目の補給だろう?。

しっかし、ハイドレーションに水いれるの面倒だなぁ。

ちなみに、ハイドレーションはスポーツドリンク。

ボトル一本に、真水の体制で臨みました。

Dscf1598 11時56分。

前回の雨の王滝で立ち止り、挫折したところ。

しかし、今回は?。

行ける。

行けるぞ。

Dscf1600 なんか日本じゃないみたい。

だいぶ疲れてきたかな。

下りが少々あやしくなってきた。

こえーよ。

Dscf1602 CP3。

12時50分ごろ。

チェックポイントで初の停車。

ちょっと手遅れの気もするけど、トップテン注入。

ここを過ぎ、登っていたところで、生存確認?のゼッケンナンバーチェックが。

そこで、

『あと12キロです。』

マジ?。

8時間切れるか?。

と、欲が出てきた。

ガレた登り。

イケイケ。

あっ!。

バランス崩して左に倒れちゃった。

痛てぇー。

起き上がれなかった。

参加者に手伝ってもらって、起き上がった。

そして、声も掛けてもらった。

うれしかったなー。

その節は、ありがとうございました。

あ、チェーンがcoldsweats02

フレームとチェーンリングの間に挟まってる。

どうしよう?。

と、いろいろいじってたら、なんとか外れた。

無理かな。

8時間切り。

さー、下りだ。

コレで終わりかな?。

どんどん下ります。

ヒジョーにガレてます。

狙ったラインも外れて。。。

うおーっ!!。

あぶねー。

休憩しよう。

茶利とめて、気分を落ち着かせ、お花tulipを摘み。

再出発。

さっきはヤバかったな。

おっ。

舗装路だ。

アウターに入れ。

グリグリ行きます。

30キロ巡航だろうか?。

メーター見てねぇ。

あ。

ゴールだ。

よっしゃー。

Dscf1610_2 タイムは?。

チップを取られているのも気にせずに掲示板に振り返る。

『8時間8分。』

くっそー。

・・・・・・

Dscf1605 はぁー。

終わった。

もうちょっとだったなー。

今回、条件良かったなー。

楽しかったなー。

・・・・・・・

Dscf1609 Daiちゃん来るまで待ってよう。

と、Daiちゃんも無事?ゴール。

ころんで怪我してました。

イタそー。

小径車の方もいましたよ。

そういば、この方にも声掛けたっけ。

今回、声掛けまくったから、楽しく感じ、疲れもさほど感じなかったのかも知れないね。

いやー、きつかったけど、楽しかったなー。

Dscf1608 心拍計、機能しなかったけどね。

| | コメント (6)

セルフディスカバリー アドベンチャー・イン・王滝 2の3。

ダート。

ダート。

ダート。

登ってたんだっけ?。

写真、撮ってないや。

Dscf1577 7時40分。

ジェル注入。

よし、マメに時間決めて注入するようにしよう。

40分から60分おきにすっかな。

結局、この手法は成功でした。

Dscf1578 7時46分。

砂防ダムが見えてきた。

すっげー景観。

いやー、良かったー。

参加して。

Dscf1583 近くのひとと、この感動を分かち合う。

『すっげー眺めっすねー。』

みんなニコニコだ。

こちらは、お約束の写真(笑)。

初参加のとき、ここみてウルウルしたっけ。

さー、まだまだ行きますよー。

Dscf1584 このショットも、どなたかのパクリですなcoldsweats01

メットのツバさがしたけど、見つからないんだよね。

どこいたんだろ?。

そうこうしているうちに、ついに今回の目標。

『やまゆき氏』に声を掛けた。

ほんの一言二言だったけど。

一瞬だったけど。

うれしかったな。

CP1は、止まらずに通過。

Dscf1585 よーし!。

50kだ。

サイコンと1kちょっと誤差があるけど。

蛇行してるせいかな?。

あら?。

三浦貯水池の写真も撮ってない。

いやー、すばらしい眺めでしたよ。

60k付近の天然エイドでDaiちゃんに追いついた。

脚が攣って、おにぎり休憩してましたよ。

アミノバイタルをプレゼントして、ぼくもおにぎり休憩。

具は野沢菜。

Dscf1590 Daiちゃんとの出会いは、茶利始めたころに出会ったなぁ。

お互い連絡先知らないけど。

2年ぶりの再会ですかね?。

a.b.c.cupで、脚が攣ってたころからの茶利仲間っす。

Dscf1593 あった、あった。

三浦貯水池の写真。

このころには、黒のスペシャ?の関西弁なまりの方と一緒でした。

彼もよく写真撮ってた。

大体、同じようなところで撮るのよね。

彼とはCP3まで大体一緒でした。

| | コメント (0)