歳の差。

Itemcarszfl2_3 『おい!オッサン、いけるか?』

『ああ。まだまだだぜ。』

『張り切るのもわかるけどさ、マジやべえぞ。』

『心配するな。自分のカラダは、自分が一番分かってるさ。』

『分かってねぇよ。』

と、会話が聞こえてきそうな写真を友人が撮ってくれた。

お気に入りの一枚です(笑)。

| | コメント (2)

a.b.c.cup。

Pc070321_2 悔しいなぁ。

練習不足がそのまんまの結果だ。

お恥ずかしい・・。

応援に駆けつけてくれた友人たち。

ありがとうね。

でもなあ。

はぁ~。

井の中の蛙。

の練習量だな。

Pc070320_2 そして、キッズBのリザルト。

チビはよく追い上げたよ。

よしよし。

・・・・・・

サンタさんの立ってたコーナーでこけました。

そして、心拍計が壊れました。

最高のクリスマスプレゼントだぜ。

イエイ!

| | コメント (4)

レース出走前点検実施。

チビ1号(小1)のリアタイヤ(スペシャのホットロック20)。

よーくみると白い繊維が。

ブレーキングドリフトのしすぎで、磨り減ってる。

交換してやるか。

と、友人にもらったタイヤをつけてやる。

無事終了し、ちょっと汚れをおとしてあげる。

さて、次はオイラのゲイリー・キャリバーちゃん。

保安部品を外しましょね。

と、手をかけたら変な感触。

グニュ・・・・・・。

え?

あ!

リアタイヤがまたパンクしている!

先週、修理してちゃんと走ったのに?

急に気持ちがあせってきた。

ストックしてあった、マキシスのチューブをわしづかみし、交換をはじめた。

集中してたのか、珍しく早く作業が終わった。

苦手な作業なのに、我ながらビックリっす。

あしたもそのぐらい、早く走れたらなぁ。

| | コメント (0)

a.b.c.cup。

大会参加受領証来たでしょ?

ウチにも来ましたよ。

ただし、オイラの分だけ。

チビ1号の分は、送られてこなかった。

で、日本マウンテンバイク協会に電話したさ。

スポーツエントリーでネットエントリーしたんだけどね。

どっかで手違いがあったみたい。

結局、当日の受付で対応してくれるってさ。

エントリーしたのは、一次募集の最終日。

そして、バリバリ・ソロ60のエントリー数は?

49名だそうです。

こりゃ、前に行くのが大変だ。

参加者の皆様。

当日はお手柔らかにお願いしまッス。

| | コメント (2)

スポーツエントリー。

『クリスマススペシャル』エントリーしたよん。

バリバリとおやじのダブルエントリー。

バリバリ親父は頑張ります!

息子(小1)もキッズサーキットとゆったり60のダブルエントリーっす。

走りきれるかな?

| | コメント (4)

a.b.c.cup。

半寝の状態での帰り道。

「遊びにいかなきゃ。遊びに・・・。」

と、むにゃむにゃしながら夜勤明けで総武線で帰ったさ。

家でチャクッとメシ食って、98年式CBR1100XXを引っ張り出して、エンジンに火を入れる。

「ちょっくら、幕張にいってくるね。友達が出てるし・・」

と、言い訳っぽいけど見に行った。

到着が午前10時半ごろ。

オシッコしたくてトイレに。

おや?

静かだな・・。

スタート9時だっけ?

と、用が終わって便所前のヘアピンに行ってみた。

アナウンスが聞こえる。。

スタートだ!(午前10時30分)

Dscn2089 キタキタキターッ!!

ほほほっ(笑)。

いつもは、そっち側なのよねー♪

みなさま、がんばってね♪

と、ヨユーで観戦してたら、なべ@八千代さんが正面より歩いてきた。

プロ以上にプロっぽいいでたち(一眼に長靴)で。

一応、被写体にしてもらった。

その後、ウロウロと観戦しました。

トップグループの走り方を盗もうかと思ってね。

便所前の立ち上がり、3連コブ、ケイリンバンク後のピットロードへの芝の乗り込み、ケイリンバンク手前ののぼり。

林間の前後を見たかったけど、そこまで行けず。。。。。

おや?

とも父さん発見。

声をかけます。

ともパパさん、新フレームをゲットし、あとはパーツ待ちだとか・・。

楽しみですね。

また、その後ウロウロ。

Dscn2091 なべ@八千代さんのご子息。

だいぶ、カラダが大きくなってきた感がありますね。

ところで、午後のエントリー表にあったmatsu家は?

ウロウロしても、いないぞ?

『幕張来てます?』

と、メールを打ったら返信メールあり。

さっそく、電話をかける。

どこ?

便所前のヘアピン。

近くにいるよ。

あ!

いたいた。

って具合で合流っす。

しばらく談笑した。

matsuさんの連れのおしゃれなニーサンともおしゃべりしたね。

その彼は、具合が悪くて、ゆったりに出ないとのこと。

と、いろいろオシャベリしている間に、雨雲があっちこっちに見えてきた。

『じゃあ、雨振る前に帰りますね。』

と、ワシは単車で帰りましたとさ。

・・・

「ウチくる?」

を見た後、爆睡しました。

起床は17時ごろ。

そのころ、豪雨でゆったりの大会が60分→45分に短縮されたって?

ドロンコれーすは大変だったことでしょう。

参加者の皆様。

お疲れさまでした。

ケガは、無し?

では。

| | コメント (4)

a.b.c.cup vol.40。

1213517859 スタート位置は、セカンドロー。

まずまずのポジションだ。

そして、左となりに仲間のすすむさん。

その前には、なべ@八千代さんのご子息。

どうなるかな~?

そして応援者はイチローさん、ケンケン君。

お!一緒に王滝走ったオガワさんが来た!

幕張で会うのは久しぶりだ。

あ!

富士見50kを一緒に走ったfumiちゃんも来た。

ほほーっ。

そして、最後に

阪神ファンの義母。

お恥ずかしい(笑)。

おかげで、スタート前なのに心拍上昇っす。

スタート前のBGMが緊張を煽ります。

うー。。。

ギアはアウター プラス ミドル付近。

スタート!!

うまいことスタートが決まった。

2~4位ぐらいの位置ですね。

おおっ?

今日は行けるん?

なんたって、オレ様は王滝完走者だもんねー。

「さあ、皆さん、道を開けなさい。」

と、思っていたのもつかの間。

3度目のケイリンバンクの手前の坂を上っているときに・・・?

失速です。

まったくチカラが入らなくなってきた。

あら?

って感じ。

スルスルと他の方々に抜かれる。

あぁ、もうダメ。テゲテゲ走行。

オガワさんからゲキが飛ぶ。

「王滝ライダーなら、走れー!!」

・・・んなこと言ってもぉ。。。。

くひー。

休みたい。

林間の見えないところで休もうか?

どっかで、転倒して休もうか?

ほんとに脚が回らない。

アウター固定にしていたせいかな?

ミドルに落とす。

ミドル プラス トップ付近でまわす。

ちーと、フロントディレーラーとチェーンがあたっている音がするがしょうがない。

30分付近。

ついにピットでとまっちゃいました。

誰か、交代して・・。って、ソロだもんね。

再出発。

なんでこんなにキツイのだろう?

その後の何度目かのピット前の芝のところを走っているときに事故がおきた。

きつくて、下を向いて走っていたんだ。

すると右からMTBが横切ってきた。

「??!」

ごしゃ!

接触です。

チームで参加された方が出発するときに僕と接触しました。

高校生?その後、いかがですか?

『ピットロード設置を希望します。』

マシンの点検をし、再出発。

なべ@八千代さんのご子息を発見。

ぴったり付いて走る。

イマイチ調子が乗らないようですね。

部活疲れかな?

もうすぐ60分。

タイムリミット直前で、前にミホ先輩を発見。

ゼッケンチェックのシケイン手前で60分。

終わったー!!

と、油断しているミホ先輩をゴールライン手前で

「勝ったー!!」

と、パスしました。

ミホ先輩 すごい悔しそう(笑)。

いひひっsmile

結果は、18周でした。

2度のストップ込みだったのでこんなもんかな。

・・・・・・

その後、チビ1号のサーキットB。

アナウンスで名前を呼び間違えられたけど、気にしない。

チビは張り切りすぎて、2周回のところを3周回しました。

ビデオ撮影していて、あら??

って。

Team-Kさんのご子息も3周回したと。

元気が有り余っている様子。

次は60分に出てもらおうかな。

ゆったりソロでね。

・・・・・・

すすむさんは、わこうどのサーキットにも参加。

もうちょっとでしたね。

・・・・・・

そして、ゆったりエンデュランス。

Img20080615171128085 チームオーナーのバカボンパパ。

ソロで参加です。

彼の頭のなかは、どうなっているのだろう?

僕がちっさいころは、こんなことを思いつきもしなかった。

(写真は、fumiちゃんのブログからパクリました。)

創造力が凄い。

大好きだぜgoodバカボンパパ。

Dscf2039 バカボンパパが必死こいて走っているピット裏では、乗り物好きの大人たちが一輪車に挑戦。

持ち主の僕を含め、みんな乗り方を知らない。

グラビアの熊田耀子は乗れるのに。。

・・・・・・

ってな、具合で一日めいっぱい遊びました。

今、日焼けが痛いっす。

いやー、レースイベントは楽しいねsun

・・・・・・

参加景品は、マックのfastfoodハンバーガーの引換券一枚のみ(笑)

おしまい。

| | コメント (5)

a.b.c.cup。

リザルトが出てましたね。

あなたの順位はどうでした?

僕はかろうじて、半分より上位。

今回の大会は、ハイスピードだったのですね。

それから、フォトクリエイトの写真も出てましたよ。

見ました?

思ったより、カワイイ自分の写真がすくなかった。

キツそうな表情ばっかりですな。

華麗な走りの写真はなかったぜ。ウデつっぱてるし。

レース後、ヒロシさんに

「すっごい形相で走ってたよ。」

って、言われたっけ。

写真は正直だね。

| | コメント (2)

ゴールの先。

幕張でのレースを終えた。

あしたのジョーみたいに、真っ白になっちまったよ。

燃え尽きた。。。

とりあえず、不摂生しよう。

・・・・・・

a.b.c.cupでレース。

バリバリ60での周回数。

vol.34で、17周(2006年12月)。

vol.35で、18周(2007年2月)。

vol.36のときは、アドベンチャーイン富士見50k(4時間ちょい。)に出場(2007年5月)。

で、今回。

vol.37で、19周(2007年10月)。

確実に周回数はアップしたが、順位が。。

うぬぬぬぬ@@。

次は、20周だ。

簡単に言えるけど。

ハガキを早く出すのは簡単だけど。

簡単に、「(順位が)一桁になったら、自転車買うぜ。」って、言ったけど。

簡単じゃねーな。

まだまだ先は長いぜ。

| | コメント (6)

a.b.c.cup vol.37 IMBA Kids Day

朝からバタバタと準備。

9時前に家を出発する予定が、9時を回ってしまった。

会場が近くでよかった。

9時半ごろ会場、駐車場入り。

駐車場には、結構な数の参加者たちのクルマがわんさかと。

お!スペースめっけ。

偶然にも、ヒロシさん、イチローさんのクルマのそば。

準備していたら、matsuさん登場。僕のとなりへ駐車。

スタートまであと1時間。

露店を見たいが、時間が。

着替えもしなきゃ、ゼッケンももらいにいかなきゃ、空気圧(今回3キロに設定)も確認しなきゃ、試走もしなきゃ・・・@@@@。

なんだかんだで、とりあえず試走。

本部裏の3連コブの1個目が気になってた。

やっぱり、最初のエッジがきついな。

2~3周ほど回って、仲間内のベースにもどる。

召集。

ゼッケンは、一桁。

よっしゃ!最前列だよ。

シメシメ。

イチローさんに声を掛けられ

心臓のドキドキは、最高潮に。。

バリバリエンデュランス60の参加者は、60数名。

僕の後ろには、50数名のMっ子達がスタートを待つ。

アナウンスで、「少々お待ちを・・・・。」

すると、

「スタート、15秒前。」

えーっ?

参加者一同、苦笑い。

スタート!!

最前列は、スタートしやすくていいですね。クセになりそう。

隣の走者が、寄ってきた。

横から押される形に。

うお!

「・・・・そういえば、サイスポか、バイクラに集団走行時、押されたら押し返そう。って書いてたような。」

と、押し返す。

えーい!イケイケだ。

前を走るヒトを観察しながら2~3位をキープ。

と、カッコイイことを書いてみたが、

2周目以降、バンバン抜かれる。

周回を重ねるたびに、呼吸が乱れる。

やばいなぁ。

あ、すすむさんが抜いていった。

付いていくように、頑張ってみるが。

芝に入ると、差が開く。

く~~。。

ギアは、フロント アウター。リアは、ミドル付近。

周回を重ねます。

ベースでは、イチロー監督、ちびっ子達が目を光らせている。

「遅いぞ!ごらぁ!!」

とは、言わないが。

「がんばれー!あきらめるな!!すすむさんについてけー!!」

とりあえず、手を振り返すが、イッパイ・イッパイ。

本部前を通過したとき、

「救護をお願いします!」

の声を聞く。

なんかあったのか?

進んで行くと、3連コブのところで倒れている方が。

気をつけなければ。。

そして、バンバン抜かれ、バンと抜く。

あら?このヒトさっき抜いたぞ。

って、ヒトを抜きます。

こういう瞬間って、うれしいね。Sだ。

自衛隊のヘリが、編隊組んで飛んでたのはいつだっけ?

モウロウとした意識のなか、クランクを回し続ける。

トイレ前のコーナー立ち上がり。

お!この後姿は!!

takedaさんだ!!

富士見のときみたいにボディータッチして抜こうかと思ったけど、僕に余裕が無かった。

声だけかけて、パッシング。

うひひっ(笑)。

見せ付けるように、スピードアップ。

これがいけなかった。

芝で、左足にいやな兆候が。攣り。

背中のポケットに入れていたボトル(水)を脚、首にかけて気を取り直す。

そして、ハイドレーションをゴクリ。

もうちょい。

アナウンス、電光掲示板がないから、イチロー監督の声で、のこり時間を確認。

最後のスパートを。。

ちょうどいいときに、2人組?が抜いていった。

彼らに便乗しよう。

おぉ!はえー!

いいペースだ。

必死についていきます。

うりゃあああああああああ!!

そして、ゴール。

モドシソウ@@@@@。

あ、救急車。さっきのか?

そして、自分のクルマにもどり、息切れしながら、ポリ缶の水で顔洗う。

すると、愛する妻がベーグルを大事そうに持って、ベビーカーを押しながらやってきた。

「怪我なかった?」

って。

レース中、妻はコストコに、お昼ご飯を買いに行ったんだってさ。

いやぁ~、全力を出し切りました。

満足満足。

19周。

・・・・・・

ヘロヘロになりながら、サーキットレースを見にいきます。

うお!すすむさん『わこうどクラス』だよ。

さっきまで、60分走っていたのに。

そして、表彰台ゲット。

小学生の、yu-ta君も表彰台ゲット!

すごいぜ。

そして、チビ1号。

takedaさんの息子さんと同じクラスだ。

年長さん、小学1年混合クラスですね。

チビ1号、緊張しまくりですね。大丈夫かな?

結果は、さておき。

レース(競走)を理解したようで、応援のしがいがありました。

前の子を抜いてたよ。

でも、最後に抜き返されたけど。

次回に期待しましょう。

・・・・・・

さて、ゆったりクラス。

さあ、メシ食べながら、ゆったり観戦です。

お湯を沸かして、カップラーメン。

バーナーで、ハム、ソーセージを焼き焼き。

目の前を、サイクリスト達が必死こいて走ってます。

さっきまで、Mっ子だったのに、今じゃ、Sっ子。

う~ん。幸せ。

matsuさんと、初参加のパートナーさん。

そして、yu-taくん。

kenくん。

頑張って走ってます。

途中、メットを忘れて出走したトラブルがありましたが(笑)。

・・・・・

天気に恵まれ、最高のレース日和でしたね。

今回のレース。

怖い場面を多数見ました。

つくづく、危険な遊びだと認識。

でも。

みんなで、ワイワイと楽しいんだよね。

次は、どのレースに出ましょうかね?

そして、山へ探検もね。

| | コメント (4)