« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

王滝の記録。

Dscf2358 下記はすべて公園のスタートから公園の駐車場まで

走行距離 99.97キロ

走行時間 7時間43分56秒

平均速度 12.9キロ

最高速度 46.9キロ

・・・・・・・

う~ん。

リザルトと見比べると1時間近く休憩やら、撮影やらに使ってるってことですね。

| | コメント (0)

印旛沼自転車道 62回目。

寒っ!。

と、ふとんから出てきた。

さーて、なにを着るか?。

って、長袖か、半そでの1着づつしかないけどね。

半そでで、レーパン。

いつもの夏の格好だ。

日焼け止めは塗り忘れた。

寒いと思っていたけど、走り出すとそうでもなかった。

汗をかいてくるね。

いつもより、一本手前の橋を渡り、ちょいと違うルートを選択。

そして、いつものルートに合流。

さーて、今日こそは湧水ポイントで補給できるか?。

あら。

クルマ3台も止まっている。

断念。

Nec_5445 で、風車まで来ちゃった。

ひまわりがキレイになくなってたね。

ちょいと休憩。

暑くもなく、寒くもなく。

ちょうどいい感じですよ。

このまま帰っても、ウチの人たちは出かけてるんだろうな。

どうすっかなー?。

で、再出発。

帰り道。

最近通ってない自転車道を走ってみた。

ちょいちょい様子が変わってるね。

八千代の道の駅を通り過ぎて。

よーし、海までいくか。

と腹をくくって。

Nec_5446 着きました!。

いやー、気持ちいいね。

眺めも最高っすよー。

ロードバイクだと、スイスイですね。

さーて、帰りますか。

ってときになって、チカラが入らなくなってきた。

あらら。

燃料切れですか。

と、だましだまし帰るのでした。

走行距離 75キロぐらい。

アベレージ 25キロほどでした。

| | コメント (0)

SDA王滝(CP2過ぎたところから)。

Dscf2356smile  うひょー。

ヤバくなーい?。

チョーきれいー。

って、言葉が出そうなぐらいだ。

下に降りたいな。

って、橋を渡るたびに、探したりしたけど手軽なルートがないね。

みんなが走ってるときに、この下で遊んでいたら有名人だね。

Dscf2357 前半は、景観がそれほどだったけど、後半になると気分も盛り上がるね。

やっぱ、眺めがよくないと、萎えるよ。

止まって撮影したり。

止まって眺めたり。

暑さでシンドイせいか、ストップ率が高くなったよ。

真水を入れてあるボトルで、水浴びしながら走るのさ。

登りでは、ダンシングをいれつつ、体をほぐしながら走るのさ。

Dscf2359 ここの風景を見るたびに、初のリタイヤを思い出すよ。

雨の2009年の5王だよ。

あのときのことを思うと、悔しくてね。

寒さに負けて、時間があったのにリタイヤさ。

さーて、行きますか!。

なんとかーく、コースも覚えているもんだ。

ここを登り切れば、長い下りだー。

って、感覚的にわかるもんだね。

Dscf2360 やっぱ、これね。

前の二人は仲好くならんでるけど、知り合いじゃないよ。

たぶん。

でもね。

王滝って、自然と会話ができるのよねー。

下りで、29erを追っかけながら気がついたことがあるんだ。

29erは、スピードの乗りがいいね。

僕のは26インチ。

下りでコギを入れないと、離れていくのよ。

これには、目からウロコでした。

次は、29erフルサスだね。

Dscf2362 途中、脚の両面がつりながらも、CP3に到着。

13時30分。

なんで、CP3はウルウルくるのだろう?。

ここで、ブレーキの引きしろの調整。

トップテンの摂取。

休憩。

で、最後の走りだ。

ガシガシ登って。

ガンガン下って。

手が痛い。

パンクするんじゃなの?。

って、ぐらいのガレ具合。

こえーよ。

最後は、アウターにいれて、ガリガリ行きましたよ。

大して、時間の短縮はできないけど。

ガッツリ心拍上がってきた。

見えた!。

ゴール!!。

ああ、ゼッケン取らないで。

と、心配したらセンサーだけ回収でした♪。

良かったぁ。

タイムは8時間40分ぐらい。

完走やばいかな?。

って、思っただけあって、うれしかったな。

ベストより30分ほど遅いけど。

マシンのトラブルも無く。

怪我も無く。

よく出来ました。

これで、5回参戦して完走3回だ。

自分の完走率 60パーセントだぜ。

ふふふふふsmile

Dscf2368

| | コメント (6)

SDA王滝(メガネ橋からCP2過ぎまで)。

Dscf2353 あちい。

おかしいぞ。

天然エイドは?。

止まって、ハイドレーションの残量をチェック。

止まって、チャック開けての作業がカッタリィ。

まだ、あるな。

吸い込みしにくくなったんで、空気をいれて。

どう走ったか覚えていないが、CP1はスルー。

感覚的に、遅いぞ。

気持ちが焦ってくる。

そして、腹は減ってくる。

よし!。

思い切って、飯にしよう。

サドルバックに入れたオニギリ。

2個 シーチキンと梅。

シーチキンは、この暑さでヤバそうだったから、保留。

Dscf2355 梅だけにしました。

ちょうど目の前にチョロチョロの湧水。

座り込んで、ランチっす。

道行くライダーを眺めながら。

座っていると、ほかのライダーも水が欲しかったようで、止まって補給してますね。

後からきた、ライダーとも会話。

彼は2度目の挑戦と言ってました。

アミノバイタルもらっちゃた♪。

ふーっ。

先は長いのう。

50kのポストを見つけたときにさ。

『よーし!。後は帰り道だ。リタイヤしても、同じ距離だろ?。

頑張るぞー!。』

って、小声で言ったもんね。

そして、そうこうしているうちにCP2通過。

ん?。

CP2通過してから、オニギリ食ったんだっけ?。

ま、いっか。

オニギリ注入 午前10時50分ごろ。

ってことは、CP2が4時間50分ぐらいだね。

 

| | コメント (2)

SDA王滝(スタートからメガネ橋まで)。

Dscf2347 さーて、はじまりました。

SDA王滝 秋の陣。

スタートゲートをくぐり、

『腹へったな。とりあえず食っとくか。』

と、パワーバーを早速むしゃむしゃ。

橋の手前で、

『右っすよね?。』

と、声をかけられました。

彼は、仲間をスタート地点で待ってたけど、はぐれたらしい。

正規のスタートより、5分弱の遅れで走りだした僕。

最初の舗装の登りで最後尾の集団に追いつくのよね。

食いながらでも。

Dscf2348ここは、逆回りのゴールだ。

あの時は、頑張ったなーと、思い出に浸りながら

林道に入り

登っていきます。

Dscf2351 木陰がありますね。

ゆうべの雨で、水たまりもありますね。

あ!。

やまゆき氏だ。

と、声を掛けさせてもらいました。

あ!。

Daiちゃんだ。

『久しぶり!。』

と、声をかけます。

Dscf2349 おお!。

メガネ橋?。

勝手に名前を付けました。

砂防ダムはコース変更で見れなかったけど。

前回の雨王でCP3で打ち止めで見れなかったから、ヨシとしよう。

僕はこの橋を押して渡りました。

Dscf2350 写真を撮りつつ、この川でゴーグルを洗っていたら、

先ほど、声をかけた仲間に抜かれちゃいました。

ま、追いつけるさ。

って、このころは余裕があったのねー。

さーて、まだまだ行きますよー。

午前7時53分ごろでした。

| | コメント (2)

SDA王滝(スタートまで)。

過去最高の前夜の飲酒量だ。

500のドライ2本。

500の氷結2本。

120のワイン2杯。

・・・・・・

4時に起床。

なんとなく準備して、5時にトイレに。

そこには、長蛇の列が。

結局、トイレに入れたのが5時30分。

やべぇ。

まだ、着替えてないよ。

グランドの奥に止めてある、クルマのところへダッシュ。

急いて、着替えて。

タープも背を低くして。

最後の点検をして。

スタート地点に。

ほぼ最後尾。

神主さんの話なんか、聞こえやしねぇ。

・・・午前6時。

スタートの合図がなった。

『また、トイレ行っとこう。』

で、今度はすんなり入れました。

すると、アナウンスで。

『100キロでスタートしてないひといませんかー?。』

え??。

やべぇ。

と、またまた急いて、スタートラインを通過ですよ。

次回からは、スタートラインを通過したあと、トイレに行った方が良さそうだね。

さーて、行きますよー。

| | コメント (0)

王滝 前日。

ハム筋肉の張り。

もう、アスリート気取りだ。

ふう。

自転車は車内に積まなきゃ。

道中、雨降ってそうだ。

あしたは、天気よく、気温も高めのようだ。

今回は、リアフェンダーも導入。

きっといい仕事するでしょう。

ふう。

酸素カプセルやっとけば良かったかな?。

ツムラの漢方薬は?。

出発前に買っとくか?。

さて、行こう。

| | コメント (0)

印旛沼自転車道 61回目。

もうすこし。

湧水のところで休憩しよう。

そう思っているときに、クルマが1台抜いていった。

そのクルマを目で追うと、湧水のところで停車。

げっ。

3台いるよ。

ここでの給水はあきらめるか。

そう思ったときから、頭痛がし始めた。

あたまの右側。

今までに無い痛み。

あら?。

ついに脳にきたか?。

脳梗塞?。

でも、両手足が動くしな。

手をグーパーし痺れが無いことを確認。

ペースを落として。

木陰で休むか?。

時速20キロ未満でなんとか、風車到着。

補給です。

マメにドリンク飲んでたつもりだったのに。

気持ち気温の高い朝(土曜)だったからか?。

Nec_5425 地べたに座り込んで、ドリンク飲んで。

落ち着いてきたら、頭痛も無くなってきた。

用足して。

さらにドリンク。

地元のオジサマと会話して。

『あの自転車いくらぐらいするんだい?。』

『そうですねぇ。原付バイクは買えますよぉ。』

と、月並みな会話。

『やっぱ、オレには、ワカンねぇよ。』

と、オジサマの決めセリフ(笑)。

・・・・

王滝前のちょい走りだったのに、熱中症になるとは・・。

いい経験したよ。

着ているアンダーアーマーのせいか?。

汗かくと、すぐにビチョビチョになるんだよね。

こんなもんなのかな?。

走行距離 60キロぐらい。

Nec_5424 田んぼ。

黄金色になってきましたねー。

| | コメント (2)

印旛沼自転車道 60回目。

最近の休日は目覚めがよろしい。

サクッと起きれます。

加齢か?。

ま、どうでもいいや。

サクサクと準備して、MTBで出発。

あら?。

アウターに入らない。

仕方なく、手で入れました。

ワイヤーが伸びてきたみたいね。

いつものコースで成田街道から八千代の道の駅。

通過して、印旛沼の湧水へ。

水汲みしている男性ひとり。

『先に汲みますか?。』

と、言われ、お言葉に甘えました。

顔もちょっと洗ってね。

で、再出発したところで、対向してきたロードの大群。

みなさん、必死の形相で凄いスピードです。

思わず振り返りましたよ。

どこのショップかな?。

タキサイクル?。

いやー、びっくりした。

僕にとっては、向かい風。

あの集団にとっては追い風で。

Nec_5420 双子公園を過ぎ、木陰のダートを経て、風車に。

ここのヒマワリと風車の写真。

フェイスブックで評判いいのよ。

で、また撮影。

携帯でもなかなか撮れますね。

でさ。

この風車の下でさ。

男性の5~6人ぐらいの集団がさ。

スカート履いて、AKBの振り付けやってた(笑)。

きっと余興の練習なんでしょうね。

ニヤニヤしながら横目で見ちゃったよ。

そのAKBを後にして、自転車道を帰ります。

Nec_5422 途中で気になるオブジェ。

初めて近づきました。

この白いものは?。

・・

。。

・・

Nec_5421 カッパでした。

なかなかホノボノと。

いいねぇ。

って、帰路につくのでした。

走行 60キロぐらい。

で、日曜の夕食はカッパ寿司じゃなく、ららぽーと近くに出来た銚子丸に。

スゲー混んでた。

そして、店員さんがお客さんを煽るのね。

ホストクラブみたい。

ホストクラブ行ったことないけど・・・・・。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »