« アドベンチャーイン富士見。 | トップページ | ブレーキパッド。 »

アドベンチャーイン富士見。

去年は、インナーに入らなくて苦労した。

今年は、インナーしか入らなくて苦労した。

・・・・・・・・・・

雨の降る中央道をひた走る。

真っ暗で、一瞬自分がどこにいるか分からなくなるような感覚。

19時に自宅出発で、22時30分ごろ富士見に到着。

去年とほぼ同じ場所に駐車。

Dscf1920 チューハイとバリ伝でイメージトレーニングだ。

そして、24時ごろに寝袋と毛布で車中泊。

結構、ぬくぬくでした。

さて、朝です。

Dscf1921 4時30分に目が覚めた。

スタートは7時だから、結構余裕がありますね。

受付をすまし、ノタノタと準備していたらfumiちゃんが来た。

「おはようございます。」

朝食は、VAAMゼリーとオールドファッションのドーナツ。

そして、スーパーバームとシオタブ(塩の錠剤ね。)

・・・・・・・

Dscf1924 7時のスタート前。

実行委員会の方?の元気な挨拶とお話し。

去年はギリギリまで、トイレにこもっていたが今年はいくらか余裕。

そしてスタートっす。

SPDをパチンパチンとはめる音がそこらじゅうでしてます。

60分のレースとはまた別のスタートの雰囲気。

そこから4キロのパレード走行。

沿道には地元の方々が、このレースの旗を振ってます。

いいっすねー、この雰囲気。

Dscf1926 色っぽいカカシを見ながらのぼりに差し掛かる。

のぼっていると、fumiちゃんが追いついてきた。

会話をしながら、ヘコヘコと。

鈴を振るおじさんのところで、fumiちゃんのスイッチが入った。

Dscf1927あらら、もう見えなくなっちゃったよ。

さ、マイペース、マイペース。

去年の二の舞はしない。

心拍計とにらめっこしながら。

ってか、心拍185超。

キツイっす。

Dscf1934 左手に雪の積もっている山を見ながらね。

なんとなーく、雪の量が少なく感じた。

第一エイド。

休んでいる人が居ない。

おっかしぃなぁ。

Dscf1935 なんか、全体的にペース早くない?

と、僕も止まらず上ります。

第二エイド。

ここで、ボトルに水を補給。

今回は、ハイドレーションにジャスコの粉末ドリンクを1リットルとお口直しと頭冷やし用に真水のボトルを装備しました。

あとちょっとで、坂道もひと段落する。

そして、坂道も終わり、アウターにシフトできるような道になってきた。

うひょー、きもちいいー!!

フルサスだとコケル気がしねぇー!

と、調子よく飛ばしてた。

『バチンッ!!』

スカッ!

・・・・・クルクルクルック@@@@。

なんじゃ?

脇に寄せて停車。

Dscf1936 あっ!

ワイヤーが切れてる。

えっ?何のワイヤー??

と、軽くパニック。

フロントのシフトワイヤー切断。

切断面は、ニッパーで切ったようにキレイに切れてます。

どうしよう?

予備なんて、持ってないし。

代用できるワイヤーは?

・・・・・・無い。

ま、ブログネタ的にもおいしいからいっか。

と、前向きに考え出発。

でもね、走ってて

「クソッ!ガッテム!!」

って、つぶやきながら走るのさ。

下りで稼ぐしかないな。

視線は遠くに。

デコボコの深いところは、一気に行くぜ。

うりゃー!!

Dscf1937 と、下りが終わってしまった。

下りきったところで、スペシャの方とちょこっと会話。

フロントのストローク量いくつ?

とかね。

そして、彼はインナー固定の僕を抜いて行った。

Dscf1938 もうサイクリングだ。

時速12キロ程度。

風景を楽しみますよ~。

どんどん抜かれる。

ちくしょー。

Dscf1939 と、シカの白骨化を発見。

冬の間にチカラ尽きたのか?

ホントにサイクリングになってるぜ。

だって、この写真、Uターンして撮りに行ったモンね。

Dscf1940 やっとこさ、舗装路へ。

種牛放牧中の看板発見。

写真撮っとけば良かったな。

この舗装路でハッピをきた35キロの選手に抜かれた。

追っかけてみる。

ケイデンス155超!

時速23キロ!!!

やってられん。

最後のあのキッツイ上り。

上りきれなかったよ。

押しが入ります。

時計を見る。

目標3時間30分だったのだが。。

そして、Cコース。

いままでの分を取り戻すぜ。

バンバン行きます。

ガレているとは、聞いていた。

まるで洗濯板の上を走ってるようだ。

しかし、失速してはいけない。

呼吸が苦しくなってきた。

なんで?

心拍は160程度。

緊張のあまり、呼吸してなかったみたい。

ふーっ!

やっとリフトのところに出た。

そして、上り返し。

そこでフロントがスリップ。

右足をついたとたん。

Photo オレの右足はガンダムになった。

太ももの前面と後面が同時に攣った。

すげー、イテーよ!

泣きたくなったよ。

あとわずかなのに。

楽しそうに談笑しているダウンヒラーと目があう。

くっそー!

MTBに、もたれかかって歩きだす。

なんとか回復。

のぼって、林間を走って駐車場に出た。

うりゃー!

両手を挙げゴール!!

Dscf1943_2 良く頑張ったオレ。

インナー固定で。

すごいぞ、オレ。

タイムも前回より15分ぐらい?短縮。

先にゴールしたfumiちゃんと合流。

彼は目標タイム3時間15分にわずかに届かなかったと。

しかし、すごいタイムだ。

Dscf1945 T隊長にもらった足湯券。

fumiちゃんとまったりと反省会。

疲れたねぇ。

眠いねぇ。

終わったねぇ。

ビール呑みたいけど呑めないねぇ。

・・・・・・・・・・

Dscf1944_2マシン:ゲイリーフィッシャー キャリバー

タイヤ:マキシス ラーセンTT(チューブド) 空気圧 3キロ

補給:パワージェル 2個食った。

補給:ハイドレーション ジャスコのトップバリューの粉末ドリンク 1リットルとボトルに水。

補給:アミノバイタル プロ 2袋

平均心拍:168

最高心拍:191

消費カロリー:2754カロリー(手元の時計による。)

・・・・・・・・・・

参加者のみなさん、お疲れさまでした!

楽しかったなぁ。

最後の最後でガンダム化したけどね。

|

« アドベンチャーイン富士見。 | トップページ | ブレーキパッド。 »

アドベンチャーイン富士見」カテゴリの記事

コメント

すごい苦し楽しそう(笑
とても臨場感ありました。王滝レポートも楽しみでーす。
フロントディレーラーの調整ねじ、くるくるっとミドル固定にしちゃえば目標達成だったかも。。。

投稿: イチロー | 2008年5月19日 (月) 11時35分

イチローさん。
臨場感を感じ取れましたか?
へへへっsmile
上りを考えたら、ネジをいじるのをためらいました。
ダブルボトルにすれば・・・。
タラレバですね。

ダウンチューブには、線状に鋭利なものでたたいたような跡が残ってました。塗装がはげて、地肌が見えます。
ここに応力集中したら?
ちょっと心配です。
ドキドキheart02

投稿: もりもり | 2008年5月19日 (月) 15時54分

こんにちは

「スペシャの方」です。(笑)
あのときは挨拶もせずにお先にしてしまいましてすみません。顔ほど余裕がなかったので。

インナー激走、お疲れ様でした。
臨場感あふれるコメント、あのときのお顔を思い出しながら読ませていただきました。(爆笑)

偶然コチラのブログを発見しました。これからチェックさせていただきますね。

あのあと私は、調子に乗ってとばしていましたが、3時間30分を切れるかどうかというところで飛ばしすぎ、「C」の途中でネットを突き破ってガケ(スロープ)下に落ちてしまいカル~クひどい目に遭っちゃいました。(笑)

やはり千葉人さんのようにダウンヒルテクを磨かないとダメですね。

次回は6月王滝です。またあえるといいですが。

投稿: スペシャの方 | 2008年5月20日 (火) 15時44分

うおーsign02
マジでスペシャの方ですか?
初めまして。じゃないですよね(笑)。
Cコースでネットに刺さるとは。お怪我はありませんでしたか?
6月の王滝楽しみですね。
今回、初のエントリーなんでヨロシクお願いします。

投稿: もりもり | 2008年5月20日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アドベンチャーイン富士見。 | トップページ | ブレーキパッド。 »